花火と夏の風物詩

花火はなぜ夏の風物詩?

もしかしたらキチンと調べたらわかることなのかもしれないけど、花火ってなんで夏の風物詩なんでしょうね。

 

綺麗なことには変わりないのだから、一年中やっていても良いと思うのだけど・・というよりむしろ、冬の寒くてきりっとしまった空気のときの方が綺麗ではないのか・・・

 

あっ。もしかしたら、冬は空気が乾燥していて火事の危険が高まるからダメなのかなぁ?

 

でも、夏に花火を見に行くのは、結構大変なんですよね。

 

夏だけってのがあって、どこに行っても、激混みですし・・暑いし、人は一杯だし、トイレは混むし・・実際楽しみにして行っても、もろもろ不快になって帰ってくるってことが多いような気がします

 

 

同じ混むでも、どちらかと言えば、冬の方がまだいいような気がする。

 

この辺のニュアンスは個人差があるかもしれませんけどね。

 

後は、花火職人の事情とかもあるのかなぁ。

 

花火を年中供給するのが実はすごく難しかったりとか・・。

 

もうずいぶん前から、夏の風物詩として定着しているから、花火師の仕事としても一年を通してそのスタイルが定着しているでしょうしね。

関連ページ

スクウォッターって知ってる?
この「スクウォッター」という言葉をご存じだろうか
癖付け効果
夏休みというととかく子供の宿題に頭を悩ませる親が多いと聞く
簡単視力回復方法をご紹介
テレビにゲーム、パソコンにタブレット・・・仕事やプライベートの時間においても目を酷使する現代人にとって、視力の低下は共通の悩みであるともいえるでしょう。
毛抜きで脱毛するときのコツ
自宅で脱毛をする人はたくさんいてると思います。中でも脇の脱毛は毛抜きで済ますという人が大半ですが、しかし失敗してしまうことがあります。
敏感肌とムダ毛処理のお悩み
女性はムダ毛処理がとても大変でそこんところ男性に分かってもらえない感じがありますね。自分も濃いとまではいきませんが、しかし敏感肌なので毎回カミソリでの処理後にはかなり苦労しています。
水仙が綺麗
庭を見ていたら「水仙」が咲いていたうちの庭には一列の水仙が並んでいます。みんな同じ方向に並んでします。
桜の季節
お隣の庭の桃の木も散り、ようやく桜が咲く気配がしてきました。今年の冬は長かったし寒い日が多かった気がします。
やっぱり新芽
季節のものを楽しむってことでこの季節の楽しみと言えば初ものというか新芽を楽しむものですよね
ホーム RSS購読 サイトマップ